マイホーム長持ちの秘訣!

最初から建てる際の注意

マイホームを長持ちさせる為には、建てる際に注意したいことがいくつかあります。家は常に風雨や日光にさらされるので、それらに強い建材や工法を選択したいです。デザインだけを意識して家を守る工夫を忘れると、家の寿命が短くなります。建設業者からアドバイスをいただける場合もありますが、ビジネスとしてやっている以上合法の範囲内でより多くのお金を得ようと考えるので、必ずしもアドバイスがあるかは分かりません。
例えば出窓が多いと雨漏りに弱いですし、床下にコンクリートを打つと白蟻が住みにくい環境になるなど、一つの作業や状況が今後の家の状態に大きく影響します。マイホームを建てる際は長持ちさせるための知識を学びたいです。

定期的なメンテナンスは不可欠

一から建てるのではなく、既存の家を購入する場合はメンテナンスをして家を防御するしかありません。家は経年と共に確実に傷みます。地震などによってヒビが生じ、そこから雨水が入り込むことで内部を腐らせます。少しのヒビは短期的に見れば全く問題ありませんが、長期的に見ると危険です。なのでヒビが小さいうちに補修することが重要で、当然大きなヒビになればなるほど費用や時間がかかります。
外壁塗装も単に色を復活させるだけでなく、風雨などからの防御機能を復活させる役割があります。家は毎日軽微なダメージを受けているという意識を持ち、人間の病気と同じで早期に手を施すことが重要です。
以上、マイホームを長持ちさせる秘訣でしたが、建てる時と建てた後両面から工夫ができます。

自分に合った設計事務所を探す場合は、複数の企業から最適な事務所を検索してくれるインターネットサービスを利用すると便利です。