使い勝手に差が出る?キッチンデザインあれこれ

作業スペースとシンクが別の、アイランドキッチン

キッチンは、衣食住の中の食をつかさどる大切な場所です。ですので、出来るだけ使い勝手が良く、合理的な設計で、かつ好みのデザインにしたいですよね。最近では、まるでオシャレな家具のようなキッチンが増えてきています。リビングに対して背を向けて料理をするのではなく、水回りも収納もキッチン家電もリビングと一体化し、前後左右のどちらからでも全員で料理が出来るようなオープンな設計になっています。これをアイランドキッチンと呼びます。
料理をする係が決まっているのではなく、自然と手伝ったり、別の一品を誰かが作りはじめたり出来るような設計です。作業台は広くとってあり、食材を切ったり、ナベを置いたり、何かを書く混ぜたり、さまざまなことを同時に出来るようになっています。

コンパクトな対面I型キッチン

マンションや分譲の戸建てなどで人気のキッチンの形は、対面I型キッチンと呼ばれています。コンパクトながら使い勝手は抜群です。しかも家族と対面式でのキッチンで、リビングとつながっていることが多いので、広く回りを見ることが出来るのが強みです。解放感も得られるのが良いですね。
火を扱う場所は前方に壁があることが多いので、油のはねなどは気にならないのも嬉しいですね。標準装備として、シンクの水はねガードが付いていることも多いので、水はねを気にせずにシンクを使えるのも良いです。ガードの高さについては、自分のちょうど良い高さに設定して貰うと良いでしょう。
最も一般的なので、お値段が抑えめというところも、嬉しいですね。

狭い土地でも空間を工夫したり、アイデア次第で住み良い空間にすることが出来ます。庭やバルコニーが難しい狭小住宅でも、屋上を利用することでガーデニングも楽しむことが出来ます。