初めてでもここまでできる!納得の家づくり

三度目ではなく一度目で成功したい!

家を建てようとする人であれば、「家は三度建ててやっと満足のいく家ができる」という言葉を聞いたことはあると思います。住宅関連の仕事をしている人でない限り、家を建てることについては初めての経験ですので、そういわれるのも無理はありません。
しかし、今の世の中で家を三度も建てることはそうないはずです。できれば一度で満足のいく家を建てたいものですが、そのためにはどうすればいいのでしょうか。
例えば、家に関しての関心が高い人ほど陥りがちな点があります。それはいろいろなことを調べすぎて、「キッチンはこうあるべき!」などの固定観念にとらわれてしまうことです。お客様であるその家の施主がそのような主張を多く持っている場合、やはり建設会社の担当者や設計者はその意向に沿うようにしなければいけません。そうやってできた家はプロの有効な意見があまり反映されませんので、使いにくい家になることも多いようです。

家を建てる際の成功の秘訣は?

では、どうすれば使いやすく快適な家を建てることができるのでしょうか。
それは自分たちの意見の希望する生活プランを提示して、実際の設計はある程度はプロに任すということです。部屋の配置や材質にこだわるのではなく、「リビングは木のテイストを感じられる広々とした空間にしたい」などといったイメージを伝え、それを形にしてもらうのです。そうすれば提案する側もお客様の意見を否定することなく、自分たちのノウハウを活かした家づくりを提案でき、結果的に希望どおりの家が手に入ることになるのです。
もちろん、自分たちの家ですからどうしてもこだわりたいところにはこだわってもいいと思います。しかし、その際にも意見を聞けるような関係を担当者や設計者と作っておくことが、初めてでもここまでできたと思える家づくりの秘訣かもしれませんね。

間取りというのは、建築物の中の区画配置を指しています。配置を計画するためのものとなり、設計段階から必要不可欠です。